an-pon雑記帳

好きなものを記録しています

笑福亭たま独演会

上方落語、恥ずかしながら初めてですよ〜。
京大出のインテリ噺家、笑福亭たま。ユーモラスな名前に似合わずなかなかの優男、期待に胸は膨らみます。


いやいやいや。すっごくおもしろかった!マクラの弟弟子とのやりとりなんか、サスガに現代的な知性を感じさせるね(ホンマか)。
なにやら新作も古典もイケるということらしく、季節に合わせて「芝浜」で締めくくってくれました。

思っていたよりハイトーンの口調で、表情もパフォーマンスも元気いっぱい。
TVウケもよさそう。こりゃ〜人気出るわ。
しかしですね、実は私、この“コッテコテの大阪弁”というヤツにちょっとだけ苦手意識がありまして(根っからの関西人なのに・・・近親憎悪的な何かかしらん・・・)、すっきりサッパリ小粋な江戸落語に惹かれてしまうのでありました・・・

でも彼の落語はもっともっと聴いてみたいです。
やっぱ次は繁昌亭か!